旅行に行くならアットホームな宿

家庭的な雰囲気の民宿

民宿に泊まることで、現地の方や泊まっている方との交流を楽しめるようになってきます。民宿では、自宅でくつろいでいるような雰囲気の中で過ごせるようになるため、人と積極的に関わりたいと考えたり、自宅で家族に包まれている時と同じような感覚で過ごしたいときに適しているのです。ホテルや旅館と比べて、スペースは狭くなっているものの、宿のおかみが手作りで作った料理を楽しむことができたり、採れたての魚や野菜でもてなしてもらえるなどの、魅力も存在しています。旅行に行く時に触れ合いを重視しながら過ごしたいと考えたときに、適しているでしょう。

魅力が多いペンション

旅行に行く時に、ペンションを利用すると、充実したサービスに満足することができます。ペンションは、スキー場やリゾート地の近くにあるため、滑りに行きたいときやリゾートを楽しみたいときに泊まることができるのです。大型の宿泊施設に比べて、料金も安くなっているため、利用しやすくなっているでしょう。ペンションの中には、料理にこだわっているだけではなく、お風呂に温泉を引いていたり、ペットが泊まることが可能になっているところも存在しています。宿のオーナーによって特徴が大きく異なってくるため、都合に合わせて選んでいけるようになるのです。

JTBさんのサイトを利用して旅行計画を立てよう

JTBさんのサイトで沖縄旅行を計画する

JTBさんのサイトを見ながら沖縄旅行を考えてみました。旅行の計画です。宿泊日や人数、部屋のタイプなどの条件を決めていくのです。他にも細かく設定していくことができます。中でも予算は重要です。もちろん、沖縄は那覇だけではありませんね。目的地を石垣島や西表島と特定することもできます。検索しましたらすぐに出てきました。変更も楽にできます。ですからいろいろと検索して見ました。画像は客室や外観、レストラン、料理などいろいろ見ることができました。それからJTBさんのサイトではお客様アンケート評価というものがあります。これを参考にすれば楽しく快適に旅行できると思います。

JTBさんのサイトにあるメリット

JTBさんのサイトでは目的地にどうアクセスすればいいか丁寧に記載されています。もちろん地図もありますから、初見でも簡単に行くことができます。とても見やすいです。自働車で行くか、公共交通機関を利用するかのどちらでも見られます。細かく記載されていますから、いろんな手段を考慮できます。それで宿泊するために空いているか満室か確認するためにクリックしましたら、一目瞭然で空室かどうかわかりました。いろんなプランが提示されていますから、希望するプランの詳細を確認してください。JTBトラベルメンバーになりますとポイントが貯まります。もちろんそのポイントは使うことができます。さらにJTB旅カードを発行して利用してもポイントが貯まります。さああなたもJTBさんのサイトを見ながら旅行の計画を立ててみませんか。

中国では価格交渉を楽しむ

値段は交渉して決めるもの

中国に旅行すると、日本では出来ない体験が出来ます。その一つは、価格交渉です。観光客用のお土産を扱っているお店の多くは、値段交渉をする前提の価格設定になっています。そのタイプのお店の多くは、商品に値札が付いていません。お客が値段を聞いたときに、店主が客の風貌や身なりに基づいて値段を決めるからです。それで値札が付いていないお店では、値段交渉を積極的に行うといいでしょう。値札がついているお店であっても、場所によっては価格を交渉することが可能です。個人商店ではないチェーン展開しているスーパーなどでは、価格交渉は行えません。

中国での価格交渉の仕方

旅先でお土産を買う際に、どのように価格を交渉したらいいのでしょうか。まずは単純に自分の希望額を伝えてみることが出来ます。相手が考える表情になったら、値段が下がる可能性があります。その値段ではあり得ないという反応ならば、諦めます。複数個買うので、いくらに値下げして欲しいという交渉の仕方も効果があります。友人や家族用にまとめ買いをするつもりならば、複数のお店で買うよりも一カ所でまとめ買いをして値切るほうが成功します。価格交渉をする際は、実際の希望額よりもさらに低い金額で交渉を始めて、その後徐々に実際の希望額に近づけるのがコツです。

台湾旅行にいってきました。

噂とは違う台湾の食事事情

日本から台湾へ旅行へ行く際、多くの人から「現地の食事は絶対に体に合わないから大変だよ」「水とか飲むとお腹を壊すよ」と言われていましたが、5泊6日で行った旅行では一度も体を壊すことなく、帰国することができました。それどころか、多くの食事には清潔感があり、とても警戒するような状態ではありませんでした。ただ、多少のにおい(香辛料や肉)は日本よりも強いため、香水や香り物が苦手な方は多少抵抗があるかもしれません。しかし、それらを考慮しても絶対に行く価値はあります。是非、現地でおいしい物を食べてみてください。

台湾でおこなわれる「夜一」

台湾には「夜一」というものがあります。これは端的に言ってしまうと夜に行われるお祭りのようなものです、昼はそこまで多くの人が来ているわけではりませんが、夜になると多くの人で賑わいます。参加人数が多いため、道ですれ違うときなど、当たってしまうのではないかと思う位の道幅しかない状態になります。
「夜一」は現地でも馴染み深い文化のようなものらしく、現地人の他に、外国人観光客も多く参加していました。食事・衣類・骨董品・陶芸品などが充実しており、場所によって雰囲気が全然違うため、1日では確実に回りきれないです。

イタリア旅行で得した話

イタリア旅行といえば、どこへ行く?

イタリア旅行で定番の旅行スポットって、たくさんありますよね。
私が行ったのは、イタリアの中央から北部をツアーに参加して廻りました。ローマはもちろん、ヴェネツィアやピサ、フィレンツェにヴァチカン市国などを巡りました。
どこの観光地も教科書の写真で見たことのある風景が広がっていて、感動的でした。私はキリスト教の聖書に関する絵画に興味があったため、美術館が特に楽しかったです。友達は、景色や教会などの建築物に興味があったらしく、写真を撮りまくっていました。別の友達は、食に興味があるため、ローマでのピザや、ジェラート、ヴェネツィアのパスタなどを楽んでいました。イタリアは興味の対象によって、行きたい都市が変わります。どこに行くか、迷う人は多いはずです。

イタリアに観光客が少ない観光地なんてあるのでしょうか。

イタリアの観光地はどこも世界各国から訪れている観光客で賑わっています。そこで、私が行った時に空いていた場所を紹介します。
まず、私が行ったのは2月末。各観光地は寒さのせいか、ガイドさんによると、いつもより人は少ないと言っていました。それでも多いと感じましたが…。
私が行った箇所で、唯一人がいなかったのはヴァチカン美術館です。こちらは大人気の美術館で、普段は廊下や部屋にびっしり人がいて、ゆっくり絵画を鑑賞できないくらいらしいですが、私が行ったときは同じ部屋に観光客が2〜3組ほどしかいませんでした。どうやら雪が積もっていたため、来場者がぐっと減ったそうです。普段は全く雪が降らない地域らしく、雪が積もるとみんな動かないらしいです。なので、雪が積もったときが、ゆっくり観光できるベストシーズンですよ。