台湾旅行にいってきました。

噂とは違う台湾の食事事情

日本から台湾へ旅行へ行く際、多くの人から「現地の食事は絶対に体に合わないから大変だよ」「水とか飲むとお腹を壊すよ」と言われていましたが、5泊6日で行った旅行では一度も体を壊すことなく、帰国することができました。それどころか、多くの食事には清潔感があり、とても警戒するような状態ではありませんでした。ただ、多少のにおい(香辛料や肉)は日本よりも強いため、香水や香り物が苦手な方は多少抵抗があるかもしれません。しかし、それらを考慮しても絶対に行く価値はあります。是非、現地でおいしい物を食べてみてください。

台湾でおこなわれる「夜一」

台湾には「夜一」というものがあります。これは端的に言ってしまうと夜に行われるお祭りのようなものです、昼はそこまで多くの人が来ているわけではりませんが、夜になると多くの人で賑わいます。参加人数が多いため、道ですれ違うときなど、当たってしまうのではないかと思う位の道幅しかない状態になります。
「夜一」は現地でも馴染み深い文化のようなものらしく、現地人の他に、外国人観光客も多く参加していました。食事・衣類・骨董品・陶芸品などが充実しており、場所によって雰囲気が全然違うため、1日では確実に回りきれないです。